梨泰院(イテウォン) アートな壁+Parched Seoul(パーチドソウル)の空間+韓国の古もの  

  • 2019.09.16 Monday
  • 14:47

JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

 

 

韓国の「アートなカフェ」も訪ねたいと思っていました。

おしゃれなカフェを訪ねることはその国の「インテリア」と住む人たちのセンスも学べます。

 

 

 

 

 

龍山(ヨンサン)地区の梨秦院(イテウォン)を歩いていたらこんなポスターが。

ボロボロになった壁に朱の色のポスターが貼られていました。

私にはこんなボロボロの壁も「侘び寂び」にも通じる「アートの作品」に見えます。

汚ない黒い壁に「朱の色」が美しく映えていました。

 

 

 

 

 

 

訪ねたいと思っていたアートカフェ

壁に貼られていた「パーチドソウルの文字」も雨でいい味になっています。

 

 

 

 

 

 

このカフェはお昼はカフェで夜はバーになるようです。

韓国のおしゃれな人たちがネットで探して訪れているカフェです。

 

 

 

 

 

韓国の焼き菓子の味も知りたくて食べてみました。

 

 

 

 

本が置かれていたコーナー

雑誌ではなく、「本」や「写真集」が置いてあるのもいいですね。

 

 

 

 

コンテンポラリーダンスのポスターが並んでいました。

名古屋栄にある「アパートメントストア」の原さんとのご縁で会ったフランスから帰国したコンテンポラリーダンスの浅野さん

 

 

彼がダンスをしている時の肉体は一つのアート作品でした。

最後に訪ねた空間ではコンテンポラリーダンスのドイツのゾーリンゲンで生まれ「ピナ・バウシュ」の映像を見ることができました。

また紹介します。

浅野さんにはいつかレギュームの空間で踊ってもらえるといいのですが。

 

 

レギュームのレストランの美味しい料理とダンスの組み合わせもいいかなって思っています。

 

 

 

 

長いテーブルに置かれていた植物と音楽とお酒

お酒は強くないので音楽と珈琲ですが。

 

 

 

 

 

テーブルに置かれていたパソコンと焼き菓子と1杯の珈琲

日本ではパソコンでブログや資料を作っている自分自身の姿にも似ていて忙しい日々を思い出しました。

 

 

 

 

長いテーブルの奥に見える「木々」の景色

普段はこんな曇った窓ではないのかもしれませんが、この曇った感じが良くて、奥に木が見えることで落ち着いた半地下のカフェになっています。

 

 

 

 

 

裏庭の壁に貼られていたボロボロのポスター

雨で剥がれてしまったこんなポスターもアート作品のようです。

 

 

 

 

 

裏庭の席で煉瓦の壁に背もたれて植物のグリーンとこの剥がれそうなポスターを見ながら韓国の人はどんなことを思うのでしょう。

 

 

 

 

    梨秦院(イテウォン)の看板

 

狎鴎亭(アックジョン)も好きな地区ですが、この梨秦院(イテウォン)も韓国らしいものとおしゃれなショップが混在していて、

これからが楽しみな地区です。

可愛らしいカフェではなく、探すのも大変な「アートカフェ」をネットで探して訪れるのも今の韓国の若者たちかもしれません。

 

 

 

 

         店先に置かれていた籠

 

籠も好きなものの一つで見ると持ち帰りたくなります。

こんな籠も見つけたかったのですが。

我が家では籠には「洋書の雑誌」や好きな帽子を入れたり、チビ猫ブーちゃんの寝床にしたり、キッチンでも重宝しています。

 

 

空間に籠があると自然の素材なのでなぜか落ち着きます。

来年の1月にはまた台北へ行く予定ですので見つけてきます。

 

 

 

 

 

 

通りかかったウインドーには蒸籠(セイロ)が並んでいました。

この蒸籠からもおいしい匂いが伝わってきました。

 

 

 

 

 

骸骨が飾られていたショップの窓

オープンしていたらどんなお店なのか、のぞいてみたかったのですが・・・・

レギュームの空間にも骸骨や剥製(はくせい)を飾っています。

 

 

人によっては気持ちが悪いものかもしれませんが、「植物の枯れていく姿」や「鳥の羽の美しい色」は装飾の一つとして飾ります。

 

 

今回訪ねたカフェは人気の可愛らしいカフェではなく、探すのも大変な場所にある「隠れ家のようなカフェ」でしたが、

そんなカフェが今の韓国の若い人たちに支持されているのかもしれませんね。

 

音楽関係の人とデザイナーとでオープンしたカフェなので、

音の良さそうなアンプが天井近くにありました。

次回はどんな音楽が流れているのかじっくり聴いてみたいと思います。

訪ねた日は日本の音楽でした。

また一つ韓国を訪ねる楽しみな空間ができました。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM