台湾の美しい文房具店 +アラベスク文様のかみ 添の襖(ふすま)障子紙    

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 07:49

JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

 

 

1月の企画展「陶芸家・小山乃文彦+台湾のいいもの展」も無事に終わり、一週間寒い中を来てくださった皆様ありがとうございました。みるみる月日が過ぎてあっという間に2月に。

現在、2月9日から一週間、富山からアリアナさんの「キリムと絨毯」の展示がラ・メゾン・デ・レギュームの2階で行われています。今日が最終日です。

 

 

2月の企画展は「木工作家・川端健夫× patissere MiA 二人展」が始まります。

2020・2・23( 日) ー29 (土 ) 「 作家在廊24日(日)・ 祝日」

 

2019年の婦人画報10月号に「コンフィチュール・レシピ」として紹介された「川端美愛」さんの焼き菓子やコンフィチュールと夫の川端健夫さんの木工作品が並びます。

 

 

 

企画展の DMのための写真を撮ったり、レギュームの空間の花や空間の装飾をしているとどんどん台北が遠くへ。

このブログを待っている生徒さんやブログを読んでくださっている皆さん。気長に待っていてくださいね。

 

 

2月の18日からは「テーブルコーディネート教室」も始まって、ゆっくりですがなんとか書いていきます。

 

 

 

 

 

文房具店 「Tools to Liveby 」前の公園で小さな子供達が遊んでいました。

どの国を訪ねても小さな子供や犬や猫・鳥たちを見つけるとつい立ち止まって見てしまいます。

台北では鳥籠の中の鳥やお店の前に繋がれていた鳥たちもいて驚きました。

 

 

 

 

 

2013年にオープンした台湾文房具のお店「 Tools to Liveby (トゥールズ・トュ・リブバイ)」

 

 

 

 

龍山寺をお参りした後に必ず訪ねるお店です。

 

 

 

 

 

天井から下がっている地球儀の飾り方もオシャレです。

少しづつ空間の装飾が「変化している」のを見るのも楽しみで訪ねます。

 

 

 

 

 

 

入り口に置かれていた100年前のアンティークの活版印刷機

活版印刷で印刷した「活版刷り」が好きで名刺もこの活版刷りで作っています。

日本にもセンスのいい活版印刷のご夫婦がいます。

今年の企画展で紹介できたらと思っています。

 

 

 

 

 

         ガラスケースには人気のハサミが並んでいます

 

レギュームで使っている「黒のハサミ」を生徒さんが気にいって「ハサミ」を購入するためにも訪ねました。

ハサミのデザインは台湾のグラフィックデザイナーの「オーナー夫妻」ですがハサミは日本で製造したものでした。

実は購入したいと思っていたハサミが売り切れていてがっかりしましたが、親切に他のお店を紹介してくれました。

 

 

 

 

 

 

美しいデザインの文房具が揃います。

デンマークの生活用品やイタリアの天然成分でできた糊、アメリカのアートマウスパッドなど世界のブランドを紹介しています。

このバインダーの色も日本でありそうでない色です。

 

 

 

 

 

        フランスのビックのペン

 

日本以外の国を旅していると「日本の職人技術」が世界一だったことにも気づきます。

 

 

 

 

 

このテープのロゴのデザインが目にとまって購入したら、裏には「made in Japan」の文字が。

このテープのデザインもオーナー夫妻で技術は日本でした。

二人は海外で勉強した経験からかデザイン力も優れています。

 

 

 

 

 

             かみ添(そえ)の作品

 

日本の人たちも今では海外で勉強してきた人たちが活躍しています。

レギュームの2階の空間の襖にはイスラム美術からインスピレーションを得た「アラベスク文様」の「襖紙・ふすまかみ」の作品を使っています。

「かみ添(そえ)」の「嘉戸浩・かどこう」さんもアメリカでグラフィックデザインを学び、京都・「唐長」で技術を習得して京都・西陣で唐紙師として独立しています。

 

 

レギュームで企画展をされた陶芸家の小山乃文彦さん・安福由美子さん・村上雄一さん、木工の小倉広太郎さんも今では海外で作品が紹介され活躍しています。

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

吉川和人さんの作品

 

 

3月15日から21日まで行われる企画展の「木工作家・吉川和人」さんもパリ・ロンドン・イスタンブールのバイヤーがアトリエに来て作品を購入されています。

3月の企画展の吉川さんは今回レギュームでの企画展は初めてなので皆さんに紹介できるのが本当に嬉しい。

3月も楽しみにしていてくださいね。

吉川和人さんの作品はまた詳しく紹介していきます。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM