名古屋八事「フレンチレストラン154」+ハロウィンの装飾+羊草の鳥籠

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 10:16

JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

 

 

 

 

完全予約制の「フレンチレストラン154 apt   ayumu」

レストラン&アトリエがオープンします。

 

 

レストランでは10月31日の「ハロウィン」の装飾をアトリエイリヤスローがします。

「ハロウィンナイト」も一緒にお楽しみください。

 

2019年10月27日日曜日

17:30−21:00

 

チャージ  500円  1ドリンク 軽食付き

*予約制ではありませんのでお好きな時間にいらしてください。

当日 飛騨高山からオーガニックのパプリカやお野菜

レギュームからはVeganスイーツや自家製のピクルスetc が並びます

 

 

 

       

 

     レストラン154

  

27日以降は完全予約制のフレンチレストランになりますので、ご予約を事前にお願い致します。

 

 

phone :080−9459−3060 担当  松田知子(まつだともこ)  
mail : lvcpeach@gmail.com
shop instagram : 154_apt_ayumu_m

 

住所:ラ・メゾン・デ・レギューム   名古屋市天白区表台154番地 

 

 

 

 

 

     レストランのミラー

 

ミラーの奥に写っているのは古いアメリカの木製のドア

このドアを開けてレストランの空間へ

 

 

 

「レストラン154apt  ayumu」の名前の由来はシェフの松田『アユム・歩」さんの名前からと名古屋の八事(やごと)地区ある

154番地にレストランがあることからつけられました。

 

 

 

 

 

          男性誌   [ GQ     JAPAN]   10月号

 

 

雑誌 GQ  JAPANの10月号に掲載されたシェフのアユムさん(左ページ 左が松田シェフと須賀シェフが登場)

現在、東京、代官山にある「KASHIYAMA   DAIKANYAMA 」  樫山オンワードのレストラン で須賀ラボのシェフ須賀洋介さんと

一緒にシェフとして活躍していますが、これからは東京の「KASHIYAMA   DAIKANYAMA 」と名古屋の「レストラン154」の

シェフとして皆さんのためにおいしい料理を提供していきます。

 

 

 

 

 

オープンをもっと早くお知らせしたかったのですが遅くなりました。

なんとか今年中に間に合いました。

メインの壁に飾られているのは「アカンサス」の葉の彫刻

アザミに似た形の葉は古代ギリシャ以来、建築物や内装などの装飾のモチーフにも使われています。

以前はレギュームの玄関の壁に飾られていた「古い彫刻の作品」です。

 

 

 

 

 

 

バーカウンターの前にはフランスの古い病院の木の装飾が飾られています。 

「バーカウンター」からはオープンキッチンが見えて、テーブルとは違った雰囲気を味わっていただけます。

 

 

 

 

 

 

    窓の奥に見える「古い鳥籠」

 

 

 

 

 

錆びてしまったように見える鳥籠ですが羊草の小林さんの作品です。

鎌倉のアンティーク「FIVE  FROM THE GROUND」で購入しました。

 

 

07 MARCH , 2019
.
氷見での約束から一年。
鎌倉のこのお店が、水辺の小さな家になります。
LITTLE HOUSE IN THE WATERSIDE
水辺の家 未草展 @hitsujigusa_
日 時 3/23(土)〜31日(日)
12時〜18時 / 会期中無休
在 廊 23日 (土) / 31日 (日)
場 所 FIVE FROM THE GROUND
住 所 248-0002
神奈川県鎌倉市二階堂27−10
電 話 0467-23-7855
作家HP...

 

 

このアンティークのお店は昔から訪ねているお店で、現在は鎌倉から北海道・洞爺湖へ

今回、移転する前の鎌倉の「羊草・ひつじぐさ」展を訪ねた時にこの鳥籠を見つけました。

 

 

「羊草・ひつじぐさ」の造形作家 小林寛樹さんと奥様の布もの作家・小林康子さんにもお会いしたくて名古屋から東京を経て、鎌倉へ

 

現在は信州・黒姫山の丘の麓で暮らしています。

レギュームの空間で「造形作家の彼の作品と奥様の布もの」展をお願いしました。

いつか名古屋の人たちに紹介したいと思っているお二人です。

 

 

 

 

 

 

トイレに飾った古い額もアンティークのダゲレオタイプ(銅板写真)です。

カメラをじっと見つめている女の人の目線が時代を超えてこちらを見つめています。

これからは「154」を見守ってくれるような気がします。

 

 

 

フレンチの「シェフ」と「パティシエ」「テーブルコーディネーター」の3人がアメリカ・フランス・イギリス・日本とアジアの古いもの中から選んだものが「どこにもない一つの空間」になりました。

 

 

 

これからは「隠れ家のようなレストラン」でおいしい料理とデザートを楽しんでください。

レストランの予約開始は2019年10月28日からです。

 

    

phone :080−9459−3060 担当  松田知子(まつだともこ)  
mail : lvcpeach@gmail.com
shop instagram : 154_apt_ayumu_m

 

住所:ラ・メゾン・デ・レギューム   名古屋市天白区表台154番地

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM