三重県四日市  BANKOアーカイブデザイン+カフェ

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 20:31

JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

 

萬古鏡餅

 

 

       三重県の最後は四日市にある BANKOを訪ねました。

 

四日市の萬古焼(ばんこやき)は明治期より常滑と同じくらい紫泥(しでい)の急須で知られている焼き物の産地です。

名古屋の周りには瀬戸・美濃・常滑・信楽・京都など大きな窯場(かまば)があります。

 

 

 

 

陶芸家・内田鋼一さんがこの地に萬古焼に光をあてたミュージアムを2015年11月に企画しました。

1954年に建てられた歴史ある「萬古工業会館」の1階にある「BANKO archive design museum」とカフェを訪ねました。

 

 

 

 

ミュージアムのロゴデザインは雑誌「平凡パンチ」で有名な三重県出身のイラストレーターとデザイナーの大橋歩さん

書籍や館内のデザインはグラフィックデザイナーの山口信博さん

ミュージアムの設計はデザイナーの小泉誠さんが担当しています。

 

 

陶芸家の内田鋼一さんは愛知県の出身ですが、四日市に窯があって、いつかレギュームの空間で「個展」をお願いしたいと願っている作家さんです。

 

 

 

 

白の器ばかりが飾られていたケビントの棚

 

テーブルコーディネーターなので色の器を使うことも多いのですが、基本はアンティークか作家さんの「白の磁器や陶器」を使うことが多く、特に夏になると骨董の「染付の器」や「真っ白な白磁」や「ガラス」を使います。

センターピースとして「花の色」も使いますが、時には旬の「野菜・果物」で色を添えます。

 

 

 

 

 

  やっとカフェで一休みできました。

 

 

 

         紅茶は内田さんの器に。

 

 

   

   カフェで使われていたホーローのケーキプレート

 

 

栃木県黒磯にあるアンティークス・タミゼの吉田昌太朗さんのSHOPでこのお皿を2枚購入しました。

2枚しかなく残念でしたが、ここBANKOで巡り会いました。このケーキプレートはホーローのリム皿で余白があるリムのデザインがケーキをより美味しそうに見せてくれます。

ホーローの潔いよい「白さ」と割れないのが嬉しいですね。

 

 

 

 

 カフェの隅の壁にあった小さな時計

 

 

 

カフェはいつもお客様で座れなかったのですが、今回はゆっくりできました。

次回は彼の作品や「李朝・古伊万里」などの骨董も見たいので、ゆっくりと時間を作って出かけます。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM