東京 辻野剛さんのガラスの照明とフランスの古い紙

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 07:23

 

 

東京目白にあるgaiiery FUUROへ

 

 

 

 

笠松さんが送ってくださった「白の器」のDM

 

名古屋のMyshica  Antikの笠松さんと岐阜の本田さんが参加していて訪ねてみたいと思っていました。

東京だけではなく、岡山や福岡、金沢など時々訪ねるアンティーク SHOPも出展していて訪ねるのが楽しみでした。

 

 

 

 

その後、東京代々木上原にある「Roundabout ラウンダバウト」へ

以前は吉祥寺にあって東京に行くと寄っていましたが、代々木上原に移転しました。

吉祥寺に比べると狭くなってしまったのが残念です。

以前は吉祥寺にあった「Roundabout ラウンダバウト」を訪ねた後に「お茶とお菓子の横尾」で一休みしていました。

広い空間ではないのですが、本も置いてあって落ち着くお店です。

 

 

 

「Roundabout ラウンダバウト」のエントランス

 

 

 

レストランのポスターが貼ってありました。

料理の写真ではなく、潔くワインボトルとグラスだけがおしゃれですね。

 

 

 

 

「Roundabout ラウンダバウト」が扱っているガラス作家の辻野剛さんのワイングラスを見たいと思っていました。

 

 

 

 

 

辻野さんの作品は大阪・芝川ビルにある 「Fresco」で初めて見て、天井から下がっていたこの「照明」が気に入って購入しました。

今、レギュームの2階の照明がその時の辻野さんの作品です。

企画展ではこの照明とデザインは同じですが、テーブルに置くことができる照明も並びます。

 

 

 

 

 

1月に大阪にある辻野さんとFRESCOの工房を訪ねました。たくさんある作品の中から「企画展のために」選ぶのは大変でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンパングラスとワイングラス

上の3点はネットからの画像です。

 

 

これからの季節はシャンパンやワインにだけでなく、ハーブティーやアイスティーにも色が楽しめて「グラス」でいただくのもいいものです。

お客様のためだけのグラスではなく、自分のための「グラス」を見つけてください。

 

 

今回、企画展のために見つけた個性的な辻野さんのシャンパングラスも並びます。同じものを作るのは難しい作品ですが、

それだけに巡り合ったグラスは貴重なものです。

 

 

 

 

現在行われている宮腰さんの花器の右側に並んでいるのも辻野剛さんの作品です。

アメリカの修行時代に培(つちか)ったデザインのセンスから生まれた作品はオブジェとしても飾れます。

 

 

 

 

この作品は企画展の DM用にも使いました。

作品のガラスの中の古い「フランスの紙」は文字の書体が繊細で美しいものです。

眺めているだけでも美しい「文字」です。

 

 

 

 

こんな風にアンティークの「ホルマリン瓶」の底に水を入れて花を飾るのもいいですね。

今、レギュームの空間には「黒百合」を飾っています。

レギュームでは少しですが、オブジェとして飾る「アンティークのもの」もお売りしています。

 

 

左に見えるのは末娘が高校生の時、チェスをやってみたいと言うので「フランスのアンティーク」で購入して持ち帰ったものです。

材質は本物の木で丁寧に彫刻されているものです。今では装飾の一つとして飾っています。

 

 

 

 

 

古い文字はフランス語や英語だけに限らず、日本の古い文字も好きなものの一つです。

人がペンを走らせて書いた「文字」には「思い」が詰まっていて、心惹かれます。

 

 

企画展、初日は創作和菓子のなのさんにお願いして、FRESCOの「白いガラス」のお皿にお菓子を用意していただきます。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

5月20日(日)−26日(土)

ラ・メゾン・デ・レギューム

11:30−18:00

 

初日は辻野さんも在廊予定です。

レギュームは日・月・火がお休みですが企画展中は無休になります。

052−832−3738

 

 

 

 

東京の最後に訪ねたのは「銀座ウエスト」の南青山にある「青山ガーデン」へ

本店の銀座店もいいのですが、青山ガーデンも落ち着きます。

 

 

生クリームがたっぷり入った「クリームパフ」が好きでいつも同じものをお願いします。

気にいると同じものばかりになる傾向があります。

東京は人も車も多く、コインパーキングを止めるのも大変ですが、この「青山ガーデン」は専用のパーキングがあって助かります。

 

 

 

 

近くには青山霊園や国立新美術館もあって、カフェテラスから見える木々の緑が見えます。

この写真からはほとんど見えませんが・・・

東京は仕事の関係で訪ねることがほとんどですが、新東名高速道路から名古屋市内へ入ると「緑の匂い」がして安心します。

私にとって東京は住むところではなく、刺激をもらう大都会です。